ドライパセリをつくる

Stay homeで家にいる時間が増え、家庭菜園を始めた方も多いのではないでしょうか。

家で簡単に育てられるハーブのレシピをご紹介していきたいと思います。

今日は何かと便利なドライパセリをつくる方法をご紹介します。

市販のドライパセリと比べても全然香りが違います。

とても簡単に作れるので、是非お試しください。

ドライパセリの作り方

①庭やポットからパセリを摘み取る。

②よく洗い10分ほど水に浸す。(この時に618ホタテパウダーを入れると、食中毒の原因菌なども除菌してくれます)


③フードスピナーやキッチンペーパーなどを使用してよく水切りをする。


④平らな耐熱皿などにキッチンペーパーを2〜3枚ほど敷き、パセリを並べる。


⑤600wのレンジで5分ほどチンする。(量によって10秒づつ調整してください。)

⑥冷めるまで放置。冷めたら敷いていたキッチンペーパーでパセリを包み、手で潰す。(簡単に粉々になります。


⑦お好きな密閉容器に保存。

完成〜♪

パセリは、お料理では脇役として、時に捨てられてしまったりしますが、実はとても栄養価が優れている野菜です。パセリにはβ-カロテン、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カルシウム、カリウム、鉄、葉酸と栄養素がたっぷり!中でも、βカロテンは、パセリ100g当たり7400mgも含まれています😲


この豊富な栄養素による沢山の効能があります。

・アンチエイジング

・肥満予防効果

・ストレス軽減効果

女性が食べた方が良い野菜です。


サラダなどで召し上がるのも良いですが、ドライパセリも栄養素はほぼそのまま。長期保存に向いているだけでなく、栄養価も維持出来る優れた野菜です。


狭いベランダや庭でも手軽に育てることが出来るので、ハーブを育ててみたい方にとてもオススメの植物です。






rn.jp

自然と調和したライフスタイルを提案するネイチャーライフスタイルマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000