洗剤→石鹸に変えてみる

洗剤と石けんの違いをご存知ですか?


この2つは用途は同じですが、原料になる成分や製造方法が全く違います。


石けんは、天然油脂(もしくは天然油脂が元の脂肪酸)が原料です。天然油脂などの原料を苛性ソーダ・苛性カリと反応させることにより、石けんが出来上がります。この石けんは生分解性も高く環境にも優しいです。いつまでもヌルヌルとしないので水の量も少なくて済みます。


合成洗剤は、石油から取り出した原料を複雑な化学合成を繰り返してつくられた、合成界面活性剤を使用しています。生分解性がとても低く環境に優しいとは言い難いです。又、いつまでも物質表面に残るので洗い流すまでに時間が掛かります。(=水の量を沢山使います)

合成界面活性剤は皮膚や口から吸収しやすいです。その上、吸収した合成界面活性剤を私達の体は分解する事が出来ません。


「石けん」と「合成洗剤」の見分け方

見分け方はとても簡単です。商品の成分表示を見ればすぐにわかります。


ただし、シャンプー・ボディソープ・ハンドソープなどの化粧品系商品には石けんか合成洗剤かの区別をする表示がないので成分をチェックしてください。


石けんは成分に「水」「カリ石けん素地」などと書かれている事が多いです。

合成洗剤は「ラウレル硫酸Na」が入っている事が多いです。これは合成界面活性剤のひとつです。


その他、よく使われている合成界面活性剤は以下の通りです。(一例)

・アルファスルホ脂肪酸エステルナトリウム(MES,α-SF) 

・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS) 

・アルキル硫酸エステルナトリウム(AS,ラウリル硫酸ナトリウム) 

・アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES,ラウレス硫酸ナトリウム) 

・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE,POE・R)


界面活性剤と合成界面活性剤

「界面」とは表面という意味です。

「界面活性剤」とは、油と水など、本来混ざり合わない物質の間に働きかけ、界面の性質を変え混じり合わせることができることができるようにする物資です。シャンプーなどに使用される合成界面活性剤は水だけでは落とせないワックスやヘアスプレー、皮脂などを包み込んではがしやすくします。合成界面活性剤は約2,000種類。その中には、PRTR制度で“人の健康や生態系に有害なおそれがある化学物質”に指定されている合成界面活性剤もあります。

合成洗剤は生分解性も低く、自然に還るまでにとても時間が掛かります。肌や物質表面にも残りやすい為、それを洗い流すのに沢山の水を使用します。


石鹸は生分解性が高く、残りにくいので水の量も大幅に減らす事が出来ます。プラスチック容器も減らす事が出来ます。


台所用洗剤を使うのは食器を洗う時かと思いますが、食品の汚れというのは大体がお湯とスポンジで落とせます。ですので石けんで十分です。又、肌への負担も優しいです。


除菌は618ホタテパウダーで可能です。

石鹸と618ホタテパウダーを上手に併用する事で快適に安全で、かつ地球に優しい暮らしが出来ます。


サスティナブルな食器洗い始めませんか?


rn.jp

自然と調和したライフスタイルを提案するネイチャーライフスタイルマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000